MENU

 雑誌の広告で見つけた熟女専門出会い系で順調にメール交換を続けていく事ができました。
相手はとても熱心にメールを書いてくれて、頻繁なやりとりをすることに成功しています。
とにかく寂しいだとか、癒やして欲しいという言葉を使って、自分の今置かれている立場を説明してくるのです。
旦那さんが家庭を顧みない男で、余所で女と遊んでいると言う事で傷ついているという感じだったのです。
自分と関係を持つことで、全ての嫌な事を忘れたいと言う事を伝えてきたのでした。
こうなったら、やっぱり自分は激しいセックスで応えてあげなければという気持ちになってしまいます。
彼女もその気だったから早い段階でアポが取れる、そう思っていたのです。
しかし誘ってみると、もう少し待って欲しいという事でした。
まだ気持ちの整理がつかないので、やりとりを続けながら、その気になるまで待って欲しいと言われました。
かなり相手もその気になっているから、あと少しメール交換をすれば何とかなると思ってさらにやりとりを続けていく事になりました。
そろそろ機が熟したという気持ちで誘ってみると、まだ気持ちの整理がつかないと言われてしまいました。
こちらは早く会ってセックスをしたいのに、なかなかじらされてイライラした気持ちになってしまいました。
やはり熟女と言っても女性だから、乙女心が合って気軽にセックスをすることができないのかもということを考えました。
相手がその気になってくれるのは時間の問題だから、そう考えてメールのやりとりを続けていったのです。
しかし、なかなかアポに繋げることができずに結局は1ケ月が経過してしまったのです。
そしてこの1ケ月後に恐ろしい事が起こってしまいました。

なんと無料で利用していたと思っていたのに、請求書が送られてくることになったのです。
かなりの金額に驚いてしまいました。